忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 282 : 2011年5月2日

Santa Elena to Medellin (Hostal Medellin)
30,340km

4日分の日記をアップしました。ご覧ください。

IMGP9638.jpgさてと今日はメデジンに帰ります。朝から「キノコ」入りパスタを食べて出発の準備。ダラダラしていたら、な、なんと!!! 大変なニュースが飛び込んできました。オサマ・ビン・ラディンがアメリカ軍に殺害されたとのこと。しかし、遺体は海に破棄したといってます。怪しい・・・。オバマ政権の人気取りか?無邪気に「USA、USA」と騒いでいるアメリカ人の映像がなんかやるせないです。DNA検査の後に敵の遺体争奪計画を阻むために海に破棄したと言ってますが、すっごく怪しい。10年も探した男の遺体を破棄しますかね?しかも生きたまま身柄を確保して9・11の真相を彼から訊きださないのですかねぇ?怪しい・・・

DSCF5026.jpgDSCF5028.jpgさてと出発の準備が整い車でメデジンまで。チニーは一緒にメデジンまで来ますが、グアンダはお留守番。グアンダは大型犬でイカツイですがとても人懐っこくていい犬です。まだ1歳ちょいだそうです。可愛いチニーも1年後にはグアンダみたいに立派になってるんですねぇ。

IMGP9640.jpgIMGP9645.jpg出発する前にチニーボーイズwithグアンダ&チニーで記念写真。寂しいな、別れるの。車を走らせたら、グアンダ走って追いかけてきます。かなりの距離を追いかけてきます。ワシ等との別れを惜しんでるのかと思いきや、ラファ曰く「これはいつものこと」だそうです・・・。結局大通りまでグアンダは追いかけてきました。

IMGP9652.jpgオスタル・メデジンに戻りチェックイン。女将のクラウディア曰く木曜日に22人の団体がペルーから来るそうです。丁度ノアもスコットも今週中に出るのでワシ等もここを出る潮時ですね。水曜の朝に出ることにしました。写真は車の中で熟睡中のチニー。

DSCF5037.jpgDSCF5039.jpgそれから遅い昼飯。ちょっと奮発して7,000ペソのランチ。ココの味付けは美味い!しかしワシとジュンコさんが頼んだのにはご飯が付いてないので嫌いなアレパを4つも食べてしまいました(左の写真がアレパ。味がないし、微妙な柔らかさとパサパサ加減が美味しくないメデジンの代表的食べ物)。チニーボーイズとしては反省です。

DSCF5040.jpgスーパーに買いだしに行き、宿に戻りシャワーを浴びて洗濯、そして日記のアップ。夜は軽くパスタを作ってビリヤード。こんな毎日がもう直ぐ終わるんですね。なんか寂しいなぁ。写真はコロンビアの名物「パネラ」。所謂黒糖です。これを溶かして飲みます。これは美味しいです。

さてと明日は出発の準備ですね。メデジンでやり忘れたことないかな?


Day 282 : 02 May 2011

Santa Elena to Medellin (Hostal Medellin)
30,340km

We were about leave the house at noon, but a big news came in! Osama Bin Ladin was killed by the US forces. We watched the news in Rafa's room. But it was suspicious as it was reported his body was dumped into the sea after a DNA testing. The reason was preventing Al Qaida trying to retain his body. But the US was hunting him for 10 years and the truth behind 9/11 is still unknown. Why they did not capture him alive for a trial?  The US is concealing something, I reckon.

Rafa took us to Medellin. Chinie came with us but Guanda had to stay behind. It was sad to say good-bye to her. But she was following us for a long distance. She came to the main highway. It was touching. But Rafa said "She does that all the time."...

Chinie is so small and cute. But in a year, she will be big and strong like Guanda.

We checked-in at Hostal Medellin. Claudia told us that there are 22 guests coming this thursday. Noah and Scott are leaving this thrusday as well. So it is about time to leave here. I decided to leave on this wedensday.

Then we went to have lunch at a restaurant nearby. The lunch set cost COP7,000, little expensive but was really good. One of the best meal I had in Colombia. But it did not come with rice or bread but arepas... So I had 4 arepas. It was against the Chinieboys code.

Tomorrow is my last day in Medellin. How should I spend the last day??

拍手[3回]

PR
Day 281 : 2011年5月1日

Santa Elena (La Casa de Rafa)
30,340km

ついに5月に入りました。旅を始めてから既に9ヶ月が経つんですね。早いものです。

DSCF5019.jpgDSCF5020.jpg今日はチニーボーイズ、釣堀に行きました。車で15分くらいのところ。ちゃんとした釣竿は8,000ペソですが、他のお客さんが既に借りているのでワシ等は竹竿に糸が付いたやつ。しかも竹竿、しなりません・・・。4,300ペソです。餌は練り物です。

家族連れが3組くらいいましたね。グアンダもチニーも大はしゃぎ!特にグアンダはガチョウを追い掛け回して大変なことになってます。あまりはしゃぐと魚がビビッて喰らい付いてこないよ・・・。

DSCF5021.jpgDSCF5023.jpg普段は入れ食いだそうですが、全然釣れません。他のお客さんも家族連れのママさんが3匹釣ったきり。どうもセマナ・サンタで釣り吊り上げられてしまったみたいです。



IMGP9596.jpgIMGP9616.jpgIMGP9619.jpg





しばらく釣り糸を垂らしていたら多少の「チョンチョン」はあるんですが、全然かかりません。雨が降ってきました。ガチョウに練り餌狙われるし。(大物を釣り上げている?カオルさん=チニーボーイズの軍事担当)

そして大雨。一匹も釣れずに撤退・・・。チニーボーイズカッコ悪し。

ラファ宅に戻り昼飯。ワシは眠くなったので夕方まで昼寝してました。夜はザ・フー(The Who)とジョン・リー・フッカー(John Lee Hooker)のドキュメンタリー映画を。それにしてもThe Whoのドラマーがイッていてすごい。でも何でバンド名が"The Who"なんだろう?

明日はメデジンに戻ります。グアンダとチニーともお別れです。


Day 281 : 01 MAY 2011

Santa Elena (La Casa de Rafa)
30,340km

It is alreay May. It's been more than 9 months since I started this trip. Time flies.

We went fising today at an artificial pond. The cost of hiring a proper fishing rod was COP8,000 but all of rods were rent out to other visitors. So we rent a rod - fising line with a hook straped on a solid bamboo stick for COP4,300. 

Guanda and Chinie were very happy there. Guanda was chashing those geese around and jumped into water! 

According to Rafa, usually we could catch lots of fish, but today we got noting. Maybe the most of fish were caught during Semana Santa holiday. 

It started raining and got really heavy, so we retreated without catching any...

Back to the house and had lunch. I got so sleepy and had a nap till 7pm. We watched DVDs again (Rolling Stones Rock Circus and a documentary of John Lee Hooker). In Rock Circus, The Who performed. The performance of the drummer, Keith Moon, was so cool. But why the name of the band is "The Who"? 

Tomorrow we are going back to Medellin. We are gonna miss Guanda and Chinie.

拍手[3回]

Day 280 : 2011年4月30日

Santa Elena (La Casa de Rafa)
30,340km

今日は「キノコ」狩りの日。ラファに「キノコ」狩り名人のエルナンの家近くまで車で送ってもらいます。「キノコ」を食べるのには胃にモノを入れてないほうがいいとのことで、朝飯は無し。腹減った。

DSCF4985.jpgDSCF4989.jpgラファの彼女オルガをメデジン行きのバス停まで送ります。なんかスゴイ所を行くな。完全にダートです。250ccのダートバイクで走ったら楽しそうだな。登り、ガレ場、ギャップ、川越あり。

IMGP9484.jpgそれからサンタ・エレナのセントロで「キノコ」を食べるときに一緒に食べるチョコレートを買いに。ここで高校生グループに囲まれるチニーボーイズ。何処に行っても注目の的です。みんなで写真を撮ったり、色々質問に答えたり。アジア人が珍しいのでしょうね。キューバでも散々注目の的でしたが、コロンビアでは不快感がありません。

少年少女たちを後にしエルナンの家付近まで。エルナンは道端に座って待ってました。いい味出してます、エルナン。ここからワシ等は歩いてエルナン家まで。そこから歩いてキノコを狩りながらラファの家まで行きます。ラファは一足先に車で戻りランチの仕度をするとのこと。

IMGP9497.jpgIMGP9501.jpgエルナンの家まで牧場のをいくつか越えていきます。エルナンはアーティストらしく家のオブジェがとてもヘンテコです。「博物館」だと言っております。庭には花が沢山植えられていてそれを売って生計を立ててるみたいです。

IMGP9534.jpgIMGP9485.jpgさてここから「キノコ」狩りです。エルナンは何故か山刀を腰にして出てきました。「キノコ」は牧場に生えてます。まぁ、基本的に牛糞の跡に生えてます。しかし、どれが食べられるのかはワシ等にはわからないのでエルナンが狩ります。かなり似てるキノコもありますが、「毒」だそうです。こりゃヤバイな。

IMGP9530.jpgIMGP9532.jpgIMGP9533.jpg




IMGP9527.jpgIMGP9529.jpg連日の雨で牧場はかなりグチャグチャ。泥にはまったり、すべったりで楽しいですねぇ。ライダーブーツ穿いて来てよかった。途中で「キノコ」を生で食べます。さっき買ったチョコレート菓子と食べます。まぁ、味は普通のキノコですねぇ。大体30分くらいで「消化」するそうです。途中の民家で木に生ってるフルーツをもいでもらったり(美味しかった)、カンポの散歩は楽しいですね。

IMGP9559.jpg歩いているとジュンコさんが先ず「キノコ」を「消化」しました。まだ15分くらいしか経ってないのに、早いですね。ワシとカオルさんはなんともなし。途中でコーヒーブレイクをしてカオルさんとワシはまた「キノコ」を食べましたが、なんともなし。ジュンコさん独りであっちの世界へ行ってました。


DSCF5012.jpg結局3時間くらいかかってラファの家に着きました。ワシは多少視覚に影響が有って、ちょっと気分が高揚したくらいですかね。カオルさんはなんもなし。エルナンと昼飯を食べて後はマッタリと過ごしました。

夜はボブ・マーリーのドキュメンタリー映画を。今までボブ・マレーのことは殆どなんも知らなかったんですけど、これでさわりだけはわかりましたね。ラスタファリ運動のアイコンであるエチオピア皇帝のハイレ・セラシエ1世がグダグダだったのがなんとも気の毒ですが・・・。そのあとジミー・ヘンドリクスのドキュメンタリー映画を。ジミヘン、スッゲエな。エリック・クラプトンとミック・ジャガーが若くてビックリです。


Day 280 : 30 APR 2011

Santa Elena (La Casa de Rafa)
30,340km

Today we - Chinieboys - went to gather "mushrooms". Rafa took us to the "guide" Ernand's place. But firstly we dropped Olga at the bus station and then went to Centro of Santa Elena for buying some sweets to eat with "mushrooms". 

The way was really rough. Steep slopes, gaps, a river crossing, etc etc, it was a short adventure. At Centro, there were lots of high school kids staring at us. I reckoned seeing Asians were very rare for them. One boy asked where I was from, then every kids started to talk to us. They were so friendly and we took photos together. In Cuba, we - Laura and I - were the centre of the attention, but we felt really uncomfortable there. But in Colombia, that's the different story. I don't know why, but Colombians are just so friendly. We boughtsome bananas and a package of chocolate snacks.

Ernand was waiting beside the street. Rafa dropped us off there and went back to the house to prepare lunch. We were to follow Ernand to gather "mushrooms" and walk back to Rafa's. He said it would be 2-3 hours walk back to his house.

We walked across a few farms to Ernand's place. He is an artist and his house was decorated with those strange objects. He grows flowers to sell in the garden. There were lots of beautiful flowers. He changed to his walking outfit - wearing machete (a bowie knife) and carrying a traditional Colombian leather bag.

Those "mushrooms" could be found in the farms as they grew from bullshits. There were so many mushrooms but he knew what to pick. So we just followed him and observed. If he wasn't there, we would pick some really poisonness and got seriously ill.

The field was wet and muddy. It was hard to walk. Luckily I was wearing a pair of riding boots. We had a short stop at his friend's place and had fruits he took directly from the tree. I didn't know what fruit was it, but it tasted good.

Then we had "mushrooms" on the street. rnand said we would feel the "effect" in 30mins or so. We continued walking on the farm land. About 15mins later after we had "mushrooms", Junko started to feel something strange. Then she was in the another world completely. Kaoru and I did not have anything....

We stopped at a shop for a coffee break. Here Kaoru and I had a few more of them. I had a little bit of funny vision and felt happier, but nothing more. Kaoru did not get anything.

Back to Rafa's, he provided us lunch and we had a relaxed time. After lunch Ernand walked back to his place!

We watched DVDs in the evening. A documentary of Bob Marley and a documenary of Jimmi Hendrix. I did not know much about those music legends before. It was good to know about Rastafari movement and reggae music. Jimmi Hendrix's technique was so amazing. No wonder everyone repect him as the best gutarist ever. In the film, young Eric Clapton and Mick Jagger appeared. It was strange to see them so young!

拍手[3回]

Day 279 : 2011年4月29日

Medellin to Santa Elena (La Casa de Rafa)
30,340km

今日は足立チニーボーイズそろってサンタ・エレナにあるラファの家に行く日。12時ごろに迎えにくるというので、朝から出発の準備。ラファの家の周辺には店が一軒しかなく売ってるものも限られているというので野菜やその他ちょっとした食料を買出し。帰って来たらラファもう来てました。11時半です。ドイツ人のマルクスも一緒に行くということです。彼は以前ラファの家に2週間いたそうな。

あ、そうそう、カオルさん、ジュンコさん、そしてワシで何日か前にチニーボーイズが結成されました。スローガンは「アレパ反対」です。なんでチニーボーイズかと言いますと、この間街を歩いていたらおばちゃんが子供に「あ、みなさい、チニーボーイズよ。」と言っていたので、チニーボーイズになりました。足立区出身はワシだけだし、チニー(中国人)でもないし、ジュンコさんは女性なので、全く足立チニーボーイズではないんですけどね。ちなみにスペイン語でチニーボーイズは「Union de Jovenes Chinitos( UJC)」です。キューバのUnion de Jovenes Coministas (UJC)とは関係ありません。3つの役目「修学(Estudio)」はジュンコさん、「修業(Trabajo)」はワシ、「軍事(Fucil)」はカオルさんとなりました。

出発間際になってジュンコさんのカードで現金がおろせなくなったので大慌て。スカイプでコールセンターに電話するもこっちの声が聞こえなく切られてしまいます。ラファとマルクスを待たせるのも悪いので戻ってから電話をするってことにしました。

さて出発です。マークとクレアは天気がよければ明日出発とのことなので、ワシ等が戻ってくるときにはもういない予定。なのでペルー辺りでの再会を願ってしばしの別れを告げました。ノアやスコットは明日の午後遊びに来るそうです。本当かな?

DSCF4977.jpg山を登っていきます。途中メデジンが一望できる見晴台で休憩。なかなかいいですね、眺めが。サンタ・エレナまで30-40分とノアは言ってましたが、一時間くらいかかりましたかね。

DSCF4978.jpgDSCF4980.jpgラファの家は田舎でイイ感じです。この間オスタル・メデジンに来た子犬(勝手にチニーと命名)とその叔母さん犬のグアンダの出迎えを受けてチニーボーイズの楽しい山荘合宿が始まりました。マルクスはここに荷物を取りに着ただけだそうです。午後メデジンに戻り、明日ボゴタに行って帰国するそうです。

DSCF4981.jpgDSCF4984.jpg庭でくつろいでいるとラファがフルーツシェークとサンドイッチを出してくれて、もうマッタリです。マルクスは何故か庭の雑草を抜き始めました。そうこうしているうちに3時ごろになって小腹が減ってきた頃に、ラファがお昼ご飯を出してくれました。やるな、ラファ。

昼飯後マルクスは出発。ワシ等も散歩に行こうとしたら、大雨・・・。仕方が無いのでドミノをしたり映画を見たり。スナックやホットチョコレートを出してくれます、ラファ。ラファ曰く「ここのコンセプトはバケーションのバケーションなんだよ」ということです。いいな、それ。「インディアナ・ジョーンズ クリスタル・スカル」を観たんですけど、宇宙人をだしちゃ駄目だよ、ルーカスにスピルバーグ。スターウォーズじゃないんだから。

そうこうしてるうちにダラダラと1日が終わりました。明日は「キノコ」狩りです。はい「キノコ」狩りです。楽しみだなぁ。


Day 279 : 29 APR 2011

Medellin to Santa Elena (La Casa de Rafa)
30,340km


Today, we - Kaoru, Junko and I "Chinieboys" - went to Rafa's place in Santa Elena. Rafa was to pick us up around 12 noon, so in the morning we got ready for the short trip. Noah said there was only a small shop near Rafa's place, and it would be a good idea to buy some foods, especially vegetable, so we went to buy some in the supermarket.
 
Junko tried to withdraw cash from some ATMs but she could not somehow. So she needed to call her bank. When we were back to the hostel, Rafa was already waiting for us. Also Marcus, a German backpacker, were to join us, so Junko was hurry to contact her bank. She Skyped her bank but somehow the operator could not hear her. So she gave up. She will do it when we return in a few days.

Why we are Chinieboys? Well, the other day when we were walking toward Centro, a lady told her son "Look, there are Chinieboys!" She did not say "Chinos" or "Chinitos", but "Chinieboys" - the mixture of Spanish and English. We felt the naming was funny, and that is why we are Chinieboys. None of us is Chinese and Junko is a lady.  
In Spanish Chinieboys would be "Union de Jovenes Chinitos (UJC)". This is notihng to do with the Cuban "UJC" (Union de Jovenes Coministas). But we made our roles as: Junko "Estudio", Saburo "Trabajo" and Kaoru "Fucil". Our motto is "La vida es mejor sin arepa!"

Mark and Claire will be leaving here tomorrow (if the weather is not too bad), so there won't be here when we return. We said a good-bye to them and we hope we see again somewhere in Peru. Noah and Scott said there will come to visit us on Saturday.

The way to Santa Elena was smooth. We stopped at a view point. As we climbed up high, we could see whole Medellin city under our feet. A nice view. It took around 1 hour to get to Rafa's place.

His place is in a rural area and really nice country house. His dogs, Guanda and a puppie (later we named her "Chinie") welcomed us. Marcus stayed here for 2 weeks before and this time he just came to pick up his luggage.

We were having a rest in the garden and Rafa made us fruit smoothie and hot sandwitches. Nice. Marcus was getting rid of those weeds from the garden.

Around 3pm, when we were a bit hungry, lunch was surved. Nice. Rafa said the concept of his house is "A vacation of the vacation." That is a good idea, Rafa.

We watched a movie "Indiana Jones, Crystal Skull". Hurison Ford got really old and we were disappinted to see aliens in "Indiana Jones" series. It is not Star Wars, George...

Tomorrow we are going to gather "Mushrooms". Yes, "Mushrooms". It's gonna be fun!

拍手[3回]

Day 278 : 2011年4月28日

Medellin (Hostal Medellin)
30,301km to 30,340km= 39km

DSCF4957.jpg今日は朝曇っていましたが次第に晴れ間が広がり絶好のツーリング日和。マークとクレアとツーリングです。
天気を見ながら出発だったので10時半頃になってしまいました。

とりあえずグアタペを目指します。初めて迷うことなく北高速道路(Autopista Norte)へ出れましたが、なんとすごい渋滞・・・。これは事故渋滞なのか、それとも崖崩れで車線が封鎖されての渋滞なのかわかりません。

しばらくチョロチョロ進んだり停まったり。温度計がオーバーヒート手前まで上がったので路肩でしばらく休憩。どうするか相談して、もし崖崩れで渋滞だったらサン・ペドロというところに行こうということになりました。

ボゴタ方面への分岐点まで来てようやく流れた、と思ったら直ぐに渋滞。やはり崖崩れでの渋滞です。これは凄い崖崩れだわ・・・。Uターンしてサン・ペドロ方面に向かいます。しばらく街中を走り斜面を登っていきます。良い感じで進んでましたがここでも崖崩れ・・・。でも渋滞はそんなにひどくないです。しかし、かなり先に進んだところで車やトラックが列を作ってます。横をすり抜けて先頭まで行くと、道路が完全に封鎖されてました。電柱が倒されてましたね・・・。

DSCF4959.jpgDSCF4961.jpg仕方が無いのでUターンして山を降ります。途中の飯屋で昼飯。そうそうメデジンではメシに必ずバナナとアレパというトルティーヤみたいな(見た目は五平餅です)のが付いてくるんですが、アレパ味が無いんですよね。スープに入れたりして食べてるんですが、その存在の意味がわかりません。マークもクレアも嫌いだそうです。でもメデジン子は好きなんですよねぇ。なんなんだろ、アレパ。

宿に戻り、シャワーを浴びて洗濯。バイクを拭いて、昼寝。そうそう女将のクラウディア(クライディーではありません)が足を蜂に刺されてました。可哀想。

夕方ノアの友達ラファが尋ねてきて、ワシ等3人(足立チニーボーイズ)彼の家に招かれました。まぁ、家といっても宿なのでお金がかかりますが。明日から2-3泊ラファの家に行きます。インターネットがつながらないのでしばらくブログがアップできません。

DSCF4965.jpgDSCF4966.jpgDSCF4967.jpg




夜はジュンコさんのカウチサーフィン知り合いのデービッドの店でジャズナイトがあるということで行って見ました。ウエイトレスのモニカが超タイプ。でもデービッドの彼女だそうです。残念。試しに「アレパ好きか?」と聞いたら、「当たり前よ。私はここの出身だから」だそうです。しかしデービッドはカナダ人なのでアレパ嫌いだそうです。彼女とそれでたまにちょっとした言い争いになるそうです。恐るべしアレパ。

さてと明日はラファの家ですね。楽しみです。


Day 278 : 28 APR 2011

Medellin (Hostal Medellin)
30,301km to 30,340km= 39km

It was clouded this morning, but it got better and better later. So Mark, Claire and I went out for a ride. 

We were planning to get to Guatape and successfully wenton Austopista Norte.
Hoever...., there was terrible traffic jam.... We were not sure if it was caused by an accident or a road closure due to landlides. So we kept going.

Because we stuck in a traffic too long withput moving, my engine oil temp went up really high, nearly overheating. So we took a rest at roadside.

We discussed if we should keep going and decided to keep going a bit to see if the traffic would be cleared after the junction to Guatape. But it did not... A big landslide blocked one side of the freeway completely.... No wonder the traffic was not moving.

So we turned back and headed to San Pedro where Mark and Clare went yesterday. The ride was not bad for a while. Climbng up hill and then we saw a landslide....We kept going but in the end, the road was clompletely blocked by a landslide....

We turned back and had lunch. We talked about arepa, the traditional Colombian bread(?). It has no taste at all and the texture is not very good either. We don't know why Paisas (People in Medellin) love this. La vida sin arepa es mejor, yo creo.

  
Back to the hostel, I did laundry and wiped my GS clean (lots of mud splashed while riding). Then I took a nap.

In the afternoon, Rafa, a friend of Noah, visited here and invited us, "Adacih Chiniboys", to his house/hostel. His place is in Santa Erena - on a hill top 30-40mins away from here. A nice environment. He will pick us up at noon tomorrow. We will stay there for 2 nights, I suppose. Noah will join us on Saturday.

In the evening, we went to a cafe Tinto Tinteria, where had a Jaz Jam. Junko was invited by David -a Canadian, the owner of Cafe, through Couch Surfing. The music was good and we had a good time. Monica, the staff at the cafe, is so hot, but she is a girl friend of David. Damn.

I asked her if she liked arepa. She replied "Of course, I am from here, I love arepa!". And I ask David if he liked arepa. And he replied "No, I hate it. It has no taste.... Actually I and Minica have some aguments over aprea."  Well, arepa is not popular among extranjeros.

Tomorrow we are going to Rafa's place. There is no Internet connection, so I am not able to update my blog for 2-3days.

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]