忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 287 : 2011年5月7日

Cali (Casa Blanca Hostel)
30,814km 

昨日2段ベッドの下が空いたので移ったのですが、マットレスが腰の辺りで沈み込むので寝心地が悪くてまた寝不足。朝起きてマットレスを退かしてみたら、板がよっていて腰の辺りが大きく空いてました・・・。なるほど。早速板を等間隔にセットしましたので今夜は熟睡出来そうです。

ジミーとジーは今朝チェックアウトしポパヤンに向かいました。キトにしばらく滞在するとのことなのでキトで再会ですね。

バイク組みはみんな駐車場でバイクを洗車したりメンテをしたり。アダムはスプレケットとチェーンを交換してました。アダムはアルミで出来た長さ調整の出来る杖を改造した「一本足」を持っています。これは軽くてコンパクト。しかもパニアフレームの内側に取り付けられるようになってます。流石5年もバイクで世界を周っているツワモノです。

ワシはタイヤを括り付けているストラップとビードが当たるところにダンボールを噛ませて振動で擦れてビードにダメージが無いようにしました。それから洗車。雨こそ降りませんでしたが、道に土を含んだ水が流れ出していたので結構泥だらけなんです。また走り出したら汚れるのは分ってるのですが、キレイにすると気分良いですね。

DSCF5075.jpgそれからアダムの持っているペルーとボリビアの地図をコピー。本当はカラーコピーをしたかったのですが、白黒しかないと。看板には「カラー」って書いてあるのに・・・。そうです、あの弾痕がある看板のコピー屋です。免許証も更新したのでカラーコピーをしてラミネートしたかったのですが(悪徳警官対策)カラーコピーが無いのでキト辺りでしますかね。

それからレストランで昼飯を。今日は8,000ペソの定食に3,000ペソのドリンク。流石に美味い!やはりちょっとお金を出すと全然クオリティーが違いますね。

宿に戻り昼寝。起きたら雨が降ってました。でもバイクは屋根の下なので大丈夫です。
午後は次の街街の宿情報を整理。夕飯は昼奮発したのでパスタを。
夜はみんなで映画を見ました。今日は殆ど何もしなかったですね・・・。と、思ったら宿のレセプションの姐ちゃんが「11時過ぎに遊びに行こう」、ということになりカナダKLR3人衆とともに出かけることになりました。


Day 287 : 07 MAY 2011

Cali (Casa Blanca Hostel)
30,814km 

I changed my bed last night (moved down below), but it was very uncomfortable to sleep. I checked the bed frame in the morning, and there was a huge gap between each beam. I made them even, so I guess I can sleep well tonight.

Jimmy and Ji left here and went toPopayan. They will stay in Quito for a while, so I will see them there again.

All motorcylists were working on our bies in the car park. Adam was changing sprokets and a chain. To lift up his bike while the wheel was taken off, he used a modified alminum made walking stick. What a clever idea! It is light, compact and cheap to make! He made a holder of the stick between the exhaust and the pannier frame. 

I placed pieces of cardboard between tyre bead and the straps so that the strap would not damege the bead. And then I cleaned my GS. Although it was not raining on the way here, my GS got quite dirty due to the muddy water on the road. I know that once I hit the raod again, it would get dirty, I felt good seeing my GS clean again.

DSCF5075.jpgThen I made photo copies of the maps (Peru and Bolivia) Adam has. I wanted to make colour copies but the copier did not I have colour. But it advised "Black / White and Full Colour"...  I also wanted to make a colour copy of my Driver's License and laminate it for corrupted police.

Adam and I went for lunch. We had a nice lunch at a nice restaurant. The meal cost COP8,000 and fruit juice cost COP3,000, it was worth spending.

 I took a nap in the afternoon. When I woke up, it was raining . But my GS was under the roof, no problem. I was checking hostel options in Popayan, Pasto and Ipiales. We weere watching movies in the evening and I thought another day would pass. But the receptionist at the hostel asked us to go out. So we went out to a pub.

拍手[3回]

PR
Day 286 : 2011年5月6日

Cali (Casa Blanca Hostel)
30,814km 

昨晩は相部屋のパッカーが夜中に帰ってきてうるさかったので、ちょっと寝不足気味です。朝飯をアダムと食べてメールチェック。

ダラダラしていたらカナダ人と韓国人カップルのジミーとジーにセントロに行かないかと誘われました。丁度アダムはKLR3人衆の1人デレックを溶接屋に連れて行くのでやることが無かったのでそれに乗っかりました。ジミーとジーは既に昼飯を食べたとのことで昼飯はカナダKRL3人衆とドイツ人姐ちゃんのアンとKooba Barで。5,500ペソ。

昼飯後セントロへ。もう1人のドイツ人姐ちゃんのローラ(あのローラではありません)も参加。

DSCF5077.jpgしばらく歩いた後、ローラはまだ昼飯を食べてなかったので飯屋でしばし休憩。ジミー、ジー、ワシは何も食べないのにウェイトレスのお姐さんはタダでワシ等にドリンクとつまみを出してくれました。しかも可愛い!「この街にしばらくいようかな」、なんて考えちゃいます。

DSCF5083.jpgDSCF5081.jpgDSCF5082.jpg






そしてカリのセントロを散策。教会を観たり、黄金博物館(MUseo de Oro)を観たり。

DSCF5085.jpgDSCF5088.jpgDSCF5091.jpg





黄金博物館はそんなにコレクションは無いですが無料なのでいいです。デザインがメキシコのプレ・ヒスパニック文明の遺物と似ていますね。やはり2つの文明は交流があったのでしょうか?

DSCF5095.jpg歩いて宿まで戻りしばらく昼寝。夕飯をアダムと食べに行きました。チョリソーが美味い!それからカナダKLR3人衆も交えて飲みに行きました。いろいろ情報交換が出来て役に立ちますね。やっぱりバイクの話は楽しいなぁ。


Day 286 : 06 MAY 2011

Cali (Casa Blanca Hostel)
30,814km 

Well, last night those backpackers at the same room came back late at night (or early in the morning) and made noise, I could not sleep very well. Adam had the same problem too.

After having  breakfast, I updated blog in English. Adam was to take Derek  -  one of Canadian KLR trio - to a welding shop, so I was wondering what to do today. Luckily Jimmy and JI - Canadian & Korean couple asked me if I wanted to join them to look around Centro. As they had lunch already, I went for lunch with KLR trio and Ann - a Gernman girl at Kooba Bar. Almuerzo was COP5,500.

Back from lunch, Jimmy, Ji, Laura (another German girl) and I walked to Centro. We went to see a few churches and the Gold museu (Museo de Oro). There weren't much collection in the museum, but it was free admission and very interesting. The design of artifacts were very similar to those of Mexican pre-hispanic artifacts. There should be a connecion between 2 civilizations. 

We walked back to the hostel and I had a nap. THen I went out for dinner with Adam. The BBQed chorizo I had ws pretty good. Then we went out for a drink with KLR trio. Talking about motorcycle and trip were real fun.

拍手[4回]

Day 285 : 2011年5月5日

Manizales (Hostal Lassio) to Cali (Casa Blanca Hostel)
30,547kmto 30,814km = 267km

昨晩はダブルベッドを独り占めだったのでよく眠れました。7時前に起きたらモニカがコーヒーを淹れてくれました。朝飯付きなんですが、あんまり食欲が無かったのでオレオのまがい物クッキーを食べながらモニカと歓談。旅の話やらコロンビアの話などいろいろしてたらもう8時前です。でも出発の準備は出来ているので慌てません。

ガレージを開けてもらい出発です。モニカに小さなリンゴのオモチャを記念にもらいました。なんて優しい人なんだろう。あ、写真撮るの忘れた・・・。

ガソリンスタンドで給油を済ませて一路カリに向かいます。270キロくらい先です。マニザレスを出るには来た道を戻らなければなりません。マニザレスのキレイな大聖堂の下を通りましたが(行きにも観ました)、写真は撮れませんでした。

土砂崩れなどで片側車線が閉鎖されたりしてるので、ところどころゆっくり走らなければいけません。しばらく山を降ったあと比較的真っ直ぐな道に出ます。それにしても道路工事が多いです。コロンビアの道路状況は近未来かなり良くなるのでしょう。

ペレイラ(Pereira)を過ぎた辺りからかなり気温が上がってきました。カルタゴ(Cartago)辺りになると2車線以上になり制限速度も時速90キロや100キロのになるので久しぶりに110キロで巡航します。燃費もこの速度で巡航すると良いみたいですね。

DSCF5071.jpgカリには12時半頃到着しました。流石に大都市なので車が多いです。GPSに従って今日の宿カサ・ブランカ・ホステル(Casa Blanca Hostel)は簡単に見つかりました。早速チェックイン。10人ドミは15,000ペソ。ここでアダムと再会!カルタヘナで別れてから2ヶ月以上ぶりですね。彼は親友の結婚式に出るため一時帰国してたのでまだコロンビアなんです。

DSCF5072.jpgDSCF5074.jpgバイクは宿から3軒となりの24時間セキュリティー駐輪場に停めさせてもらえます。宿のオーナーのマイクは貸しバイク屋も営んでいるのでここにバイクが置いてあるのです。

荷物を部屋に置いてアダムと昼飯。別れて以来の出来事を報告しあいます。それからワシはスーパーに飲み物と朝食用のバナナを買いに。

DSCF5065.jpgDSCF5066.jpg帰り道に「Eurocasco」という店を発見。外で写真を撮っていたら中に招かれました。オーナーのアシュリー(Ashley)はイギリス人で10年前にBMW R1100GSで北中南米を走破したライダー。「Lonesome Rhodes」という本まで出版してます。ヨーロッパから直輸入でヘルメット、ブーツ、ジャケットなどを仕入れているので他では買えない質の良いモノがかなり手ごろな値段で買えます。ゴアテックスのライダース・シューズが270,000ペソ(150ドルくらい)なので欲しい!これなら普通に靴としてはけるので・・・。

しばらくアシュリーと話をしてると宿で一緒のカナダKRL3人衆がやってきました。しばらくみんなで話が盛り上がります。

DSCF5067.jpgDSCF5068.jpg宿に戻り、3人衆とアダムとで歓談。オーナーのマイクも参加。宿の外のテーブルで話をしてたのですが、パラソルに2つ穴が空いています。マイク曰く「2ヶ月前にそこのレストランでマフィア3人が昼飯を食べていたんだけど、バイクに乗ったヒットマンがサイレンサー付きピストルで3人を殺した後、バイクが一台ここの交差点に来たんだそうです。

DSCF5075.jpgDSCF5076.jpgヒットマンはそのライダーをマフィアの護衛だと思って1発撃ったんですけど、ライダーはかわして弾丸がパラソルを貫いて隣の店の看板に当たったんだ」。流石カリ、かなり刺激的です。
パラソルに穴が空いてるのが見えますか?

DSCF5070.jpg7時過ぎにみんなで夕食を食べに。その後ショッピング・モールで軽く一杯。ここにはキレイな女性が沢山います。コロンビア、流石です。マイク曰くここは「シリコン・バレー」と呼ばれているそうです。何故だかわかりますよね!!?



Day 285 : 05 MAY 2011

Manizales (Hostal Lassio) to Cali (Casa Blanca Hostel)
30,547kmto 30,814km = 267km

I had a good sleep last night as I occupied a double bed by myself. I received an e-mail from Mark and Claire that they were leaving Cali to Popayan this morning. But they said Adam - the British rider who I was with on Starhlatte - would be at Casa Blanca Hostel! That's gonna be fun.

Monica made me a cop of coffee and we had a chat while having breakfast. Then I realised it was nearly 8am, so I got ready. The weather seemed to be fine today.

She opened the garage and gave me a little souvenir - a wooden apple toy. She is a very nice lady. It's a shame that I forgot to take a photo with her....

Getting out of Manizales was very easy. Just going abck he same way as I came. But due to road works, lanes were closed and I had to slow down. One the way to Cartago, I saw road works were going on in many places. In few years time, the road condition of Colombia would be improved, I guess.

Around Pereira, the temp raised up. After Cartago, the highway became doule lanes and the speed limit was 90km/h or 100km/h, so I was cruising at 110km/h. WIth this speed, my GS has better fuel consumption.

I arrived Cali around 12:30pm. 4 hours ride from Manizales. There were traffic in the city but I managed to find Casa Blanca Hostel easily, thanks to my GPS.

The rate of dorm room was COP15,000 a night. There was a secure parking in the same block and I could park my GS for free. I offloaded my gears and went up to the room. Then I saw Adam! It's been more than 2 months since we were apart in Cartagena. He went back to UK for his best mate's wedding, that's why he is still in Colombia. 

We went for lunch and talked about how we were since we left Cartagena. It's good to see my friend again. Then I went to a supermarket to buy some drink and food. 

On the way back to the hostel, I saw a shop "Eurocasco" - a motorcycle clothing shop. I was taking photos of the shop and the owner invited me into the shop. His name is Ashley from UK. He did Alaska to Ushuaia motorcycle trip in 2000. He published his book "Lonesome Rhodes". He imports motorcycle apparels from Europe - those brands only sold at his shop. I saw a pair of riding shoes (Goretex) cost COP270,000 (US$150). As I have a pair of riding boots, a piar of thongs  and a piar of Crocks, I want to have walking shoes. If I did not have a pair of nice riding boots, I would buy the shoes... More comfy to walk around with....

Whil I was talking to Ashley, 3 Canadian riders - KLR trios - staying at Casa Blanca came in. We talked about our trips and bikes. 

Back to the hostel, we talked about our trips. They came up from Ushuaia and heading to Central America, so we exchanged information. Mike - the owner of the hostel joined us - and he told us there was a gun shooting 2 months ago at the corner. A hitman killed 3 guys in the restaurant and shot at a motorcylist - the hitman thought he was the bodyguard of those 3 guys - but the motorcyclist escaped from the shot and the bullet went through the parasol of the hostel. We could see 2 holes on the parasol.... What an exciting story....

Then we went out for dinner and a drink. We had a drink at a bar in the shoping mall. Here, there were lots of hot chicks... Mike said, it is called "Silicon Valley".
You know why!!?

拍手[4回]

Day 284 : 2011年5月4日

Medellin (Hostal Medellin) to Manizales (Hostal Lassio)
30,340km to 30,547km  = 207km

さて今日はついに、ついに!メデジンを出ることになりました!曇ってますが雨は降ってません。これは行けるな。6時半に起きて準備。昨日荷物を積みましたがちょっとだけイジッて改善。

DSCF5041.jpg朝ごはんを食べて8時過ぎに準備完了。さて出発です。クラウディア、ノア、スコット、そして足立チニーボーイズのカオルさんとジュンコさんに別れを告げてイザ出発!宿の前で足立チニーボーイズ解散式をしました。次に再結成するのはいつなんだろ?まぁ、カオルさんとはこの先カリかキト辺りで再会できると思いますが。

タイヤを2本積んでますんで、落ちないかちょっとドキドキですね。しかもフル装備での走行は久しぶりなので緊張します。メデジンから南に抜けるのは簡単でした、が、高速が左と右に分かれているところで標識がなかったのでそのまま左へ。本線から外れてしまいました。まぁ、しばらく走ったら復帰できましたが。

メデジンから山を越えたカルダス(Caldas)という街に来ました。多分本線を走ってたらこの街に入らなくて済んだかもしれませんが、街中に来てしまいました。ナビに従って本線まで。無事に抜けられましたが、途中信号待ちでバスがいきなりリバースしてきてあとほんの数センチのというところでフロントに突っ込まれるところでした。危ない、危ない。バスの横を通ったら、運転手が苦笑いしてたので中指を突き上げてやりました。

後はワインディングを走り抜けるだけです。山の上から谷間を見下ろしながら走ったり、川沿いの渓谷を走ります。なかなかの景色が目を楽しませてくれます。が、独りで走ってるとついつい写真を撮らずに走ってしまうんですよね。途中何回か崖崩れを見ました。しかし既に片付けられた後で、片付け途中で待たされたのは2回だけですね。これは思ったよりも早く目的地に到着できますね。

マニザレス方面への分岐点で左折。カリ方面へは25号を直進です。ここから舗装が悪くなります。かなりガタガタなので特にタイヤを積んでますのでスピードを落して走ります。周りの車やバイクもスピードを落してます。コロンビアは進んでる面もありますが、こういうところがまだまだ、って感じですね。

DSCF5057.jpgマニザレスに入る手前で雨がちらほら。しかし濡れるほどではありません。ノアが進めてくれたPitt Stopという宿をGPSに入れているのでそこまで行きます。が、ガレージがありません・・・。仕方が無いのでクラウディアが進めてくれたAqui me quedoという宿に行きました。が、しかし、ガレージを使っていてバイクが入らないとのこと。しかし女将が友達の宿を紹介してくれました。オスタル・ラシオ(Hostal Lassio)です。Manizales Hostelの隣にあります。まだ開業したばかりなので(全部の部屋が使用可能になってません)、個室しかないとのこと。個室は60,000ペソ(33ドル)もします!しかし、ガレージがあるのはココだけのようです。しかし、女将のモニカが特別に30,000ペソに負けてくれました。ありがとう!

DSCF5053.jpgDSCF5047.jpgDSCF5043.jpg




早速着替えて昼飯を食べに。メインストリートまでもにかが着いてきてくれました。有名な(?) エル・カブレ塔(Torre del Cable)が見えます。リフトのオブジェも見えます。昼飯はPollo Marioでバンデハ・チチャロンを(7,500ペソ)。ちょっと高いですが美味かったですね。ここでもアレパが付いて来ました。しかし、この間のサンタ・フェでもPollo屋(チキン屋)はマリオという名前だったな。Pollo屋をやる人はマリオが多いのかな?

しばらく歩くとアルムエルソ(昼飯セット)4,500ペソとかあるじゃないですか・・・。しまった・・・。でも美味かったからいいか。

DSCF5054.jpgDSCF5049.jpgDSCF5051.jpg




しかしこの街は色々なオブジェがあります。特に牛が多いです。しかもカラフルなので西オーストラリアのマーガレット・リバーを思い出します。美人が多いとコレさんが言ってましたが、確かにそうですね。

宿に戻り、モニカがコーヒーを淹れてくれました。マニザレス周辺の見所とか色々説明してくれます。ゆっくりしゃべってくれるので説明もわかります。今日は宿の名刺やリーフレットを作るために写真家さんが来てました。どうやら客はワシ独りだけみたいですね。モニカいい人だしここキレイだから宣伝に協力しないとな。

DSCF5063.jpgシャワーを浴びてブログをつけて後はマッタリと。7時ごろ夜景を見にちょいと散歩。メデジンのように盆地にあるので明かりが山の上のほうまで見えます。夜景はキレイですね。200キロしか走ってないけど今日は疲れました・・・。

明日大雨でなければカリを目指します。宿はカサ・ブランカにする予定。マークにクレア、そしてカオルさんがいたりして。


Day 284 : 04 MAY 2011

Medellin (Hostal Medellin) to Manizales (Hostal Lassio)
30,340km to 30,547km  = 207km

Finally I left Medellin. I arrived here more than 2 months ago. I went to Mexico and Cuba around 2 weeks each, so I stayed at Hostal Medellin for around 6 weeks total. Wow, that's a long time.

It was clouded but did not look it was gonna rain. A good day to restart my trip. I was up at 6:30am and changed some setup of luggages and had breakfast. Then it was 8am already. 

I said good-bye to Claudia, Noah, Scott and Chinieboys - Kaoru and Junko, and then I took off. Thank you for all, Claudia! I guess I can see Kaoru soon in Cali or Quito. 

It was fairly easy to get out of Medellin, but there was a Y junction without any sign, and I took left. It was wrong.... Anyway, I could get back to the main highway soon.

At a small town of Caldas, I got into the centro. I followed the GPS and got back to the main highway. But on the way there, at a traffic right, a bus was suddenly reversing and almost hit my GS. I reckon it stopped just a few centmeters away from my front tyre. When I passed the bus, the driver did not appologise me, so I gave him a finger.

Now I had to ride all the way to Manizales. Going through those twisties was fun. Looking down the valley, riding in the valley along side of a river, I was enjoying riding. But I was riding with a concern - 2 tyres strapped on the pillion seat. As they are heavy and mounted fairly high, I gatta be more careful at the curves and when slowing down. 

There were several places with landslides but most of them were already cleared. Only 2 places I had to wait for cleaning up, but here wasn't much delay as I expected. I would get to Manizales earlier than I thought. 

At the junction to Manizales, I took a left turn. Then the pavement of the road got worse. I had to slow down on bumpy surface. Everyone esle on the road was slowing down. Colombia is fairly advanced nation, comparing to other latin Americas, but this kind of bits needs to be improved.

It started sprinkling just before Manizales, but not heavy enough to get wet. I went to a hostel "Pitt Stop" where Noah recommended but there was no garage for my GS. Then I went to "Aqui Me Quedo" where Claudia recommended, but the garage was in use... But the lady owner called her friend's hostel with a garage. 

The hostel "Hostal Lassio" was very close to Aqui Me Quedo. The hostel seems like newly opened and there is no dorm room available at the moment (not furnished yet). There was only private rooms available but cost COP60,000 a night. That's too expensive. But the lady owner - Monica - gave me a discount at COP30,000. So I decided to stay here. She said here is only hostel with a garage. She is very friendly , told me what I can do in this city and sorroundings, and made me a cuppa and fruit drink.  

After settled down, I went to have late lunch. The city is famous with El Cable. I don't know the history behind the cable, but the tower of the cable is the landmark of this city. Also there are lots of artistic objects on the street. Many of them are bulls and caws and they are colourful. That reminds me of Margaret River, WA, Australia.

In the early evening, I took a walk. The night view was pretty good.

Tomorrow, if not raining too hard, I will go to Cali. I am thinking to stay at Casa Blanca, where is known for motorcyclists. Mark and Claire may be still there as the road from Popayan to Pasto is still closed. Kaoru may be in Cali tomorrow as well.  

拍手[3回]

Day 283 : 2011年5月3日

Medellin (Hostal Medellin)
30,340km

昨日は中々寝付けませんでした。
朝起きたら雨が降ってますね。今日はしとしとと雨が降ってます。

朝飯を食べてしばらく日記の英語版をアップ。ビリヤード少々。最近上達してカオルさんに連勝!でもジュンコさんには中々勝てません。何故だろう?

昼は昨日行ったレストランで。7,000ペソでこのボリュームはいいですね。味付けも良し。夕飯の具財を買いにスーパーへ。今日はピラフを作ります。

宿に戻り荷物をバイクに積みます。タイヤを乗せて長距離を走るのは初めてなのでなかなか極まりませんが、どうやら満足のいくセットアップが出来ました。

ネットで交通情報を検索すると(http://www.invias.gov.co/)、カリからイピアレスへの道が一箇所通行止めになってます。まあ、メインの国境への道なので直ぐに開通さるとは思いますが・・・。

夕飯のピラフはちょっと脂っこかったですがよく出来ました。これでチニーボーイズ3人で食べるのは最後になりますね。

夜は明日何処まで行こうか検討。メデジンを出て直ぐに5箇所で崖崩れがあるので距離が稼げそうもないのでマニザレス(Manizales)まで行くことにしました。峠道なので距離は近いですが通常4時間くらいかかるそうです。だから6時間くらい見ればいいかな?

それからビリヤードして夜は深けるのでした。チニーボーイズも明日で解散決定。理由は進む方向性の違いです。


Day 283 : 03 MAY 2011

Medellin (Hostal Medellin)
30,340km

I could not sleep well last night. When I woke up this korning, it was raining. It looked like it was gonna be raining whole day and it has been. Not very much, but it is raining all the time.

After breakfast, updating blog in English and played pool. Recently I gained skills and I won against Kaoru. But with Junko I am not really good....

Went out for lunch at the restaurant we had yesterday. At COP7,000, the volume and quality of meal is, I reckon, a bargain. Then we went to the supermarket to buy stuff dor dinner. It was raining, so we did not have anything better to do.

Back to the hostel, I geared up my stuff on my GS. WIth 2 tyres, it was hard to get it right, but after a few trial, I got it right.

According to the web site http://www.invias.gov.co/ , one part of the road between Popayan to Ipiales is now closed. But this is the main highway to Ecuador border, it should be reopen anytime 

We - Chinieboys - cooked dinner together. It would be our last meal together for a while. Then I was deciding where to stay tomorrow. As there are 5 places with landslides between Medellin and Cali, it would take longer time. So I decided to go to Manizales. It is off the main highway, but has plenty of hostels and the distance there is not too far. It's been more than 2 months since I rode the bike for a long distance. So I will take it easy tomorrow.

Chinieboys played pool until late. Tomorrow, all of us will head to different directions.  

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]