忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 785: 2012年9月19日

Munchen to Frankfurt - Germany (Frankfurt Hostel)
83,417km

今日は奇跡が起きるのを信じて、フランクフルトの隣街ダルムシュトゥット(Darmstadt)に電車で行きます。

I went to Darmstadt to see if a miracle would occur or not. I took a train to Darmstadt.


「なんの奇跡?」と読者の皆さんはお訊ねになると思います。それは、チリのサンチャゴで最初に出会い、プーコンで再会し、アルゼンチンのエル・カラファテで再再会したロザーナと三度目の再会、なのです。彼女との再再会のエピソードはこちらから。

"A miracle?" You may wonder. Well, the miracle I would like to see is "4th encounter with Rosana". Yes, Rosana, the girl I met n Santiago, then saw again in Pucon, Chile, and then saw the 3rd time in EL Calafate, Argentina. The episode of the 3rd encounter is here.

旅先で出会った人と再会は結構あるものなんですけれど、再再会はなかなかないのです。しかもワシらお互いの連絡先を知りませんからね。だから再再会も「奇跡」といえば奇跡なんです。しかも、ワシは「彼女とはエル・カラファテで際再会する。」って思いながらパタゴニアを走っていたんですね。エル・カラファテの日本人宿「藤旅館」で盟友ホセと20日間沈没していたときも、彼に「ロザーナとここで会える気がするんだぁ。」って言ってたんです。

It is quite common to see people again who we met on the trip, but a 3rd encounter would be really rear. Especially when ones do not have any contact of each other. Rosana and I did not exchange our contacts... 

Also I had a feeling that I would see her again inEl Calafate (I did not know if she would go there). After I came back from Ushuaia - Tierra del Fuego, Fin del Mundo - I stayed at "Fuji Ryokan" in El Caafate with my best friend Yutaka for 20days. I told him that "I have afeeling that I will see Rosana here."

そして、それが現実に。エル・カラファテを去る日、エスペランサで街の出口国道手前にやってきたとき、彼女がヒッチハイクしてたのです。

Then it came true! The day when I left El Calafate, I rode towards the edge of the town, I saw Rosana hitchhiking! So a miracle had occurred already. Well, you could say that.


ダルムシュトゥットには前回カトリンと来てるんですね(その時のエピソードはこちら)。でも、その時は何も感じなかったのですが、フランスにいる時にエクアドルのクエンカで出会ったステファンが「今ダルムシュトゥットに住んでいるから、近くに来る事があれば是非来い!」とfacebookにメッセージをくれたんです。

Actualy,I came to Darmstadt in May with Katrin. But I did not think about Rosana at that time. But then while I was in  France, Stephan - I met him in Cuenca, Ecuador - sent me a facebook message hat he was living in Sarmstadt, so if I would be nearby, I could come to visit him. 

その時なんとなく閃いたんです。ロザーナは「フランクフルト近郊のナントカという街の出身」とワシに教えてくれたことがあったんですけど、当時はドイツの地理に不案内でその街を知らなかったし、覚えなかったんですね。

That made me realise a thinng. Rosana once told me she was from somewher near Frankfurt. She mentioned thename of her hmetown, but as I was not familiar with the geography of Germany, I did not know the town and I did not remember the name...

まぁ、たったこれだけが頼りなんですが、「縁」や「運命」というものがあれば必ず彼女と会える、と思うわけですよ。

Well, only I know where about she would be is just that. But Ibeieve in"fate"!

電車は刻一刻とダルムシュトゥットに近づいています。

The train got closer and closer to Darmstadt as Ispeak.



で、ダルムシュツゥットに降り立ちます。

I got off the train atDarmstadt.


まぁ、あても無く歩いてみますか。

Al I could do was wondering around.

街の中心をブラブラしたり、

I went to te town centre.


マチルダの丘を訪ねてみたり。あ、ここは観光客しか来ないか。

I visited Mathildenhohe. Well, here is the touristic place. So no local would come...


何故か急に眠くなってベンチで転寝。

I was so sleepy... I had anap on a bench.

まぁ、探す、って言ってもあてはないのでブラブラ歩くしかないんですよね。

As I had no clue where she would be, so I could not really "find" or "look for" her. I just walked around the town.

2時間以上街をブラブラしました。

I walked around for more than 2 hours.

そして、その結果は?

Then if the miracle occurred?



奇跡は起こりませんでした・・・。

No, it did not.



まぁ、仕方ないですね。もしかしたら、また旅先でばったり会うかも、なんてね。

Well, at least I tried. I am sure that I will seeher again somewhere in the world!

他人から見たらバカなことかもしれませんが、こういうことに一生懸命になれるのも大切、かなと。

You may think I am stupid, but I reckon it is important to be serious about this kindof things.

トボトボと駅に向かいフランクフルトへ。

I walked back to the main station and caught a train back to Frankfurt.

しばらく休憩したあと、フランクフルトの街を散歩。

After a short rest, I walked to the centre of Franffurt.

旧市街と、

The old town of Frankfurt


マイン川。あまり見るところは無いですね、フランクフルト。

River Main. Well there aren't much to  see in Frankfurt.


今日も宿では無料パスタ。ここで日本人旅行者カナちゃんと知り合いました。彼女は3ヶ月間ヨーロッパを旅するのだそう。明日近郊の街に移動してしまうとのこと。うーん、もう1泊するワシは何をしよう?

The hostel provided us free pasta again this evening. Here I met Kana - a Japanese girl travelling around Europe for 3 months. SHe will move on to other town tomorrow. So, what wouldI do tomorrow?

なんて思っていたら、

I was thinking what to do tomorrow, and

大事件発生!!!

unexpected happened!!!


エスペランサを保管してもらっているイナのガレージが実は先約があったことが今日夜になって発覚!!! 急遽明日ミュンヘンに戻ることに。

Ina @ Munich told me that she forgot about her friend is going to use the garage where I store Esperanza. Her friend pre-booked the spot before me, and she has to let him use the garage... So I will return to Munich tomorrow.

幸いフレッドに連絡が付いて、彼の家にエスペランサを保管してもらうことになりました。もつべきものは友ですね。本当に感謝です。

Luckily I could contact Friedel near Cologne and he let me store Esperanza in his garage. Thank you, Friedel!!

なので、金曜日はミュンヘンからケルン近郊までエスペランサと走ります。なんだか嬉しいな!

So, now plan has changed. I will ride to Cologne friday. I am kinda happy as I can ride her again!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
奇跡は起きませんでした。しかも、急激な展開!! これには流石の三郎も焦ります。まぁ、なんとかなるでしょう!!
本日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!


I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

PR
Day 784: 2012年9月18日

Munchen to Frankfurt - Germany (Frankfurt Hostel)
83,417km

さて、バックパッカー初日の朝です。フランクフルト行きのバスはセントラル・バスターミナルを10時に出発なので、9時には家を出ます。

Yes, it's my first dayas a backpacker. My bus to Frankfurt was to leave at 10am from Central Bus Terminal, so I left home around 9am.

イナには前回も今回も大変お世話になりました。本当にありがとう。

How could I thank to Ina fir her great hospitality and friendship. Thank you, Ina.

バス・ターミナルでバスを待ちますが、なかなかバスが来ない。バスを待っているの図。

I was waiting for a bus at the terminal, but the bus did ot turn up... All passengers waiting for the bus.


10時ギリギリにバスは到着。ドライバーはなかなか気さくな人で、バスもキレイ。9ユーロでこのクオリティ、やりますねドイツ。

The bus came just at 10am. The driver was pretty friendl and the bus was new and clean! For 9 Euros, what more could I ask!?

到着は午後4時の予定なので約6時間の旅。暇なのでPCで映画「かもめ食堂」を。映画を見ていて、実際歩いたヘルシンキの街が出てきて、ちょっと懐かしい。映画自体もほのぼのタッチでそれなりに面白い。写真はヘルシンキ滞在中に撮った「かもめ食堂」。

THe bus was scheduled o get Frankfurt around 4pm, so t would have been 6 hours ride. In order to kill my time on the bus, I watched a movie "Kamome Shokudo (a Japaese movie filmed in Helsinki). The ovie showedthose places I visited in Helsinki, and the story itself was prety interesting. The photo shown below is "Kamome Shokudo (Seagull Tavern)" in Helsinki.


シュトゥットガルトを経由して、フランクフルトへ。結構工事中が多く、予定時間より遅く4時半過ぎに到着。

The bs made a lunch break stop at Stuttgart, then went straight to Frankfurt. But there were many sections under construction and it took longer than it was scheduled. We got there after 4:30pm.

しかも、雨・・・。幸い宿はバスが停車した中央駅の直ぐそばなので、そんなに濡れないで助かりましたが。

And it was raining... Luckily the hostel I booked was very close to the central station where the bus terminated. So I did not get wet too much.

しばらく宿でネットしていたら雨が上がったのでそこら辺を散策。

As it was raining, I was surfing on the web. Then the rain cleared. I went out for a short walk around the hostel.

宿。

The hostel.


中央駅。

Central Station of Frankfurt.


ミュンヘンと違って、近代的ビルが目立ちますねぇ。

There are more mordern buildings could be seen in Fankfurt than Munich. I prefer Munich so far.


そして、ちょっとエロな店もチラホラと。

There were some erotic shops, places around the area...


宿では8時からパスタが無料で振舞われるので8時に食堂へ。ここでワカコちゃんとジュンペイ君と出会いました。食事後に3人でパブに行き、日本の将来について語りあうワシら。ジュンペイ君はなかなか鋭い質問や反論をしてくるので、とても刺激的な時を過ごせました。「ニートの父・兄的な存在になり、ニートと立ち上がって日本を変えよう!」という案。イイですねぇ、ジュンペイ君。

At the hosel, Pasta was provided for free from 8pm. So I went to the dining where I met Wakako and Junpei. After dinner, we went out for a drink, and we talked a lot about future of Japan. Junpei was very critical and we could have good conversations!

そんなこんなでバックパッカー初日は有意義に過ごせましたよ。

As such, I had a good first day as a backpacker!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
さて、これでバックパッカーに変身する準備が出来ました。明日から新米バックパッカー三郎になります。春まで世界一周ライダー三郎はお休みです。
本日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!


I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

Day 783: 2012年9月17日

Munchen - Germany (La Casa de Ina)
83,417km

さて、エスペランサは冬眠中なので、これからワシはしばらくバックパッカーになります。

As Esperanza is in her hibernation now, I will be a backpacker!

こんな風に。

Yes, like this.


が、しかし、バックパッカーになのに必要なものをワシは持ってない・・・。

However, I don't have an essential item to be a backpacker...

それは、

That is a...


バックパック!!!

Backpack!!!



なので、マルクスに教えてもらった「SportFundGrube」に買いに行きました。ローゼンハイマー・プラッツ(Rosenheimer platz)駅の駅ビルにあります。

So I went to"SportFundGrube" where Markus told me. It's in the station building of Rosenheimer Platz.

ここは他の店で売れなかった商品や倒産した店の在庫品を安く売っている店。まぁ、スタイルにはこだわらないので、安くて背負い心地がいいのを選びたいですね。

Here those items not sold in other shops, or items from closed shops are sold with the discounted prices. I don't really care about the style, so it's all good for me.

店が店だけに、選択肢は少ないです。まぁ、迷わなくて済むので、こちらのほうがありがたいのですけど。

The ranges of backpacks availale are not much there. But it was beter for me to have less choices as I did not need to wonder too much.

選択肢は3つ。45リッター、35リッター、そして30リッターのバックパック。なるべくコンパクトな奴がいいので30リッターのに心が傾きます。背中の部分がメッシュになっていて、汗をかきにくくなってるのもイイ。

I had 3 choices. 45L, 35L and 30L bacpacks available. I wanted to have something not to big, so the 30L backpack caught my attention. It has airflow system at the back, so it would be more comfortale to carry and walk around.

が、しかし、ワシのラップトップ入るかな??

But 1 problem I mighthave with this backpack... if my laptop can be fitted in...

そうなると35リッターのバックパックになりますね。30リッターのは赤一色でちょっと目立ちすぎ。しかし35リッターのは赤、青、茶色と3種類の選択。

Then my choice will be the 35L one. The 30L one was available only in red and it stands out to much.But the 35L was available in Red, Blue and Brown.

背負い心地は30リッターのほうがいいのですが、これも悪くない。TatonkaのOutback 35というモデル。OutbacKというネーミングがイイ。オーストラリアを思い出させてくれますね。

The 30L was better in comfort but the 35L was not that bad. It's "Tatonka Outback 35". I like the naming Outback". It reminds me of Australia!

なのでこれを購入!! 99ユーロの商品が80ユーロ。

So I bought a brown one! Usually it cost 99 Euros, but it was 80 Euros.


早速背負って、その足でオクトーバーフェストの会場である(今週末から始まります)、Theresien wieseに行って見ました。

I carried it on my back and went to Theresien wiese, where Oktoberfest will be held (it will start from this weekend).

が、しかしデジカメにメモリー入れるのを忘れました・・・。

But, I left my SD card at home...

観覧車とか遊園地的なものを設置してましたね。

They were putting up those amusement park rides such as ferris wheel.

家に戻り、荷物の整理を。フランクフルトに持っていくものは、まぁ、身の回りのものだけですが、トルコ、エジプトに持っていくものは結構ありますねぇ。まぁ、フランクフルトからまたミュンヘンに戻ってきて、それからウィーンに行き、イスタンブールに飛ぶ、という算段です。「飛んでイスタンブール」です。

Back home, I started to pack up. I don't have much to take to Frankfurt, but I have to take quite a few things to Turkey and Egypt. I will go to Frankfurt for 5-6days, then back to Munich, and going to Vienna to fly to Istanbul.

まぁ、そんなこんなで1日が過ぎてしまいました。

Then a day has gone...

明日は朝のバスでフランクフルト行き。さて、どんな出会いが待っているかな。

I will catch a morning bus to Frankfurt tomorrow. I am looking forward meeting great people there!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
さて、これでバックパッカーに変身する準備が出来ました。明日から新米バックパッカー三郎になります。春まで世界一周ライダー三郎はお休みです。
本日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!


I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[4回]

Day 782: 2012年9月16日

Munchen - Germany (La Casa de Ina)
83,417km

昨晩からフランクフルト行きの電車やバスを検索してましたが、朝になってイナが素晴らしいサイトを見つけてくれました! Deinbus.deです(ドイツ語しかないのですが)。なんとミュンヘンからフランクフルトまでたたの9ユーロ!! 所要時間は6時間と電車に比べえ遅いですが、9ユーロなら文句は無いでしょう!

I was researching how I could get to Frankfurt economically. The in the morning, Ina found a web site of a bus company. Deinbus.de. It's in German only though. The price to Frankfurt from Munich is surprising 9 Euros!! It would take 6hours to get there (slower than a train), but just for 9 Euros, how could I complain!  

早速18日の朝の便を予約。

I made a booing for a bus leaving in the morning of 18th tuesday.

これでフランクフルト行きは決定ですね。

I secured my ticket to Frankfurt.

後はミュンヘンからウィーンに行く方法とウィーンからイスタンブールへの飛行機を確保しなければいけませんね。

Now, I need to find a tranportation to Vienna and need to make a booking for a fliht from Vienna to Istanbul.

今日は12時にオガワ君と街で待ち合わせをしているので、調べごとは途中にして電車に乗って街まで。

But I had an appointment with Ogawa in the city at 12 noon, so I stopped myresearch and went to the city.

まぁ、腹が減ったので先ずは昼飯、ということになり、ケバブを。塩が効いたヨーグルト・ドリンク「アイラン」が良く合いますね。

We were hungry (yes it was lunch time), we had lunch at a kebab shop. Salted Yogort frink "tAyran" went very well with the kebab.


先ずは「アルテ・ピナコテーク(古美術館)」へ。ここは以前に行った事ありますが、今日は日曜日で入館料は1ユーロなんです。美大のオガワ君は昨日も訪れたとか!

We visited "Alte Pinakothek". I visited there last time in May. But on sunday, the entrance was just 1 Euro. Ogawa actually went there yesterday. But he said he wasnted to see those paintings again.

で、1階から見て周ったのですが、まぁ、ワシの目と心を震わせる作品はありませんね。前から気になっていたのですが、どの作品もイエスが子供の頃は金髪で描かれているのですが、成人してから茶髪になるんですね。まぁ、実際金髪の子供が成長して髪が黒くなることもあるんですけど、なんで子供イエスは金髪なんだろう?

We started our tour from the ground floor. There was no any painting touched my heart, unfortunately... Oh, I was wondering from before that why infant Jesus is always dipicted with blond hair, but Jesus in his youth is always dipicted with brown hair. Does anyone know why?

オガワ君のお気に入りは、ブリューゲル作「怠け者天国(Land of Cockaigne)」です。卵に脚が生えていたり、豚が切り刻まれていて、ナイフが刺さっていたり、右上の方に枝に掴まっている人物が描かれているんですが、かなりユーモアも見れる作品なんです。16世紀の作としてはかなりハッチャけてる、と思いませんか??

Ogawa like this piece from Pieter Bruegel de Oude"Land of Cockaigne" painted in 16thcentury. In this painting, we can find some interesting charactes, such as a egg with legs, a pig cut up and with a knofe stubbed, a man holding a branch blown away etc. Ogawa likes Bruegel's sense of humour.


2階へ上がりましたが、相変らず「駄作」ばかりです。あれ、以前来たときはもっといい作品に思えたんだけどな・・・(その時のエピソードはこちらから)。

At upstair, I still could not find something spearing into my heart. I thought there were at least a few paintings I liked last time I visited here (the episode of the last visit is here). 

オガワ君と話した結論は、「ルーベンスは駄目」っていうこと。あの「フランダースの犬」のネロがあんなにも憧れた大家ルーベンス。ネロはルーベンスの作品を一目見て最後を遂げるんですね。でも、ワシもオガワ君も、「ネロはルーベンスの作品を見ないほうが良かったのではないか?」という結論になりました。ルーベンスの作品が好きな方、申し訳ありませんが、本当にそう感じました。

Ogawa and I came to a conclusio after seeing te most of the collection in ALte Pinakothek tat "Rubens sucks". Nello of "A dog of Flanders" dreamed to see "The Elevation of the Cross" by Rubens in Cathedral of Antwerp and he could see it just before he died. But Ogawa and I reckoned that Nello was better off ot to see the paiting. I am sorry to those who like Rubens works, but I could not get anything from his pantings...

ワシらがアルテ・ピナコテークで一番気に入った作品は、これです。

Then we reckoned this piece was thebest in Alte Pinakothek.


画家の名前も作品名も失念しましたが、この絵は16世紀の作品なんですが、異彩を放ってましたね。

It s a16th century work. We lost the name of the artist and the painting, but it has something shining.

そうそう、アルテには宗教画が多く収蔵されているんですけれど、赤ん坊イエスがことごとくヒドイんです。なんで赤ん坊を上手く描けなかったのか。これはレオナルド・ダヴィンチ作「聖母と子(Virgin and Child)」ですが、みんなこんな感じに描かれているんです。そこに「母性愛」も「普遍愛」も全然感じられない・・・。

We found one thing here. There were many "Virgin and Child" paiting there but every single infant Jesus was painted ugly... Below is one of them by Leonard Da Vinci. You see, Jesus is not pretty at all in this picture. I could not see any "Matanity love" or "Love" in these paintings at all...


一体いつから人類は赤ん坊を上手く描けるようになったのか、それを検証に一旦休憩を挟んで新美術館「ノイエ・ピナコテーク(Neue Pinakothek)」へ。こちらも入館料1ユーロ。

We wondered from when we human would be able to draw an infant with a proper propotion. So after a short break, we went to "Neue Pinakothek". The entrance was 1 Euro as well.

こちらも、「グッ」と心に来る作品がありません。時代を追って見てるのですが、なんかイマイチ。

We looked through the paintings in chronogical order; however, we could not find anything impressed us..

で、ようやくこの作品が! 聖痕が両手と額に出てしまった少女を描いているのでしょうが、これは見てて怖かったです。

Then, finally, we found this painting!! We reckoned this picture was about agirl with stigmata. She looks like terrified with Stigmata and we both felt "fear" from this picture. The impression we got from this painting was much more than other master pieces exhibited in 2 art gallaries. 


大体1870年を境に赤ん坊を描く技術が格段に進歩したみたいです。あ、写真を撮ってないや。

Then we got an answer for our question. Around 1870, an infant was painted in proper proportion. FInally! But I forgot to take a photo.

で、印象派の大家「モネ、ルノワール、ゴーギャン」などの作品もありましたが、印象派の作品はただの「手抜き」にしか見えませんね。

There were some collection of Impressionists such as Monet, Renoir, Gauguin etc, but we were not impressed by them at all.

ゴッホ先生の作品も何点か。

There were a few pieces by Van Gogh.


「ひまわり(12本)」は有名ですね。当時は画期的な作品だったののでしょうが、今見ると魅力はあんまりありませんね。

"Sunflower" is a very famous piece. I guess it was an epoc-making art at his time, but I could not feel much from this.


で、ワシの好きなクリムト先生の「音楽(Musik)」。うーん、ウィーンにあったの作品のほうが断然良かったですね。

Then, "Musik" by my favorite artist Gustav Klimt. But those in Vienna were much more dynamic and full of passion and love, I felt...


クリムト先生作「マルガレーテ・ストンボロー=ウィトゲンシュタインの肖像」。これも迫力がイマイチ。うーん、ウィーンにあった先生の女性人物画はあんなに「生命」が満ち溢れていたんですけどね。

"Portrait of Margaret Stonborough-Wittgenstein" by Klimt. Again, those portraits in Vienna were much more lively and impressive.


なので結論。バイエルン王は「駄作」を集めるのが好きだった。

So our conclusion of today, "Bavarian Kings liked to collect arts but they did not really have great tastes."

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今日は美大のオガワ君と美術品を鑑賞できて本当に楽しかったです!! ありがとうオガワ君!!!
本日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!


I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

Day 781: 2012年9月15日

Munchen - Germany (La Casa de Ina)
83,329km to 83,417km = 88km

今日は曇り空。電車に乗って一路アウグスブルクへ。今回は鈍行にのったので12.20ユーロの運賃。

Unlike yesterday, it was cloudy  this morning. I caught a train to Augsburg. This time I hopped on a low train, so it cost 12.20 Euros only.

前回はディーラーから駅までタクシーだったので12ユーロもかかってしまいましたが、今回はバスと路面電車で駅からディーラーまで。2.50ユーロ。バスで街の中心地まで出て、そこから路面電車で。

The other day, I caught a cab from the dealer to Augsburg main station and it cost me 12 Euros. So this time I caught a bus and a tram to get to the dealer. It just cost me 2.50 Euros.

アウグスブルクはローマ時代に皇帝アウグストゥスによって城館が築かれたのが発祥で、また、あの中世ヨーロッパ随一の富豪だった(メディチ家の富に匹敵したという)フッガー家の本拠があった街なんです。なので、街並みもなかなかのもの。

Augsburg was established by Augustus Caesar of Roman Empire and one of the wealthiest families of the medieval age, Fugger's was from this city.  


ディーラーに行くと、エスペランサが待っていました!! 右のフォグライトも復活です(中古部品)。

Esperanza was waiting for me at the dealer! A right fog light (2nd hand part) was added back on her!


メカニックのウリ曰く、「ベアリングの破損状態が悪かったので、ファイナルドライブ・ユニットは新品に交換した」、とのこと。

Uli themechanic told me that as the bearing was broken badly, he had to replace the entire final drive unit.


で、気になる料金は、なんと!!!
 
Then how much was the bill?? It was...

1,700ユーロです!!!!!

1,700 Euros!!!!!

これにはちょっとビビリました、ね。

I was shocked with the bill....

まぁ、タイヤも前後新品に換えましたし、ファイナル・ドライブ・ユニットが1,077ユーロもするんです!! パーツ代は10%オフにしてくれてるんですけどね(なのでユニットは969ユーロ)。

Well, I got a pair of new tyres and the final drive unit cost 1,077 Euros... They gave me 10% discount for all parts (so the unit costs 969Euros), but it was a very very huge expense!!

まぁ、これは必要経費。相棒のエスペランサが元気になったのだから、これでいいのだ!

But it is the necessary expense for my trip. As long as Esperanza is fine and well, I am happy!!

ウリーや他のスタッフに別れを告げて一路、ミュンヘンへ。本当はフッガー家の館を見たかったのですが、雨が降りそうだったので、早めに退散。

I said a good-bye to Uli and other staffs and back to Munich straigh. Actually I wanted to visit Fugger'S place, but it looked like going to rain. So I left there as quicly as possible.

で、結局途中で雨に降られました。が、しかし長い間ではなかったので、大して濡れませんでした。

But I was caught in a heavy rain on the way. Well, it was raining just for a short time only, so I did not get wet too much.

家に戻り、エスペランサを拭いて、冬眠の準備です。ウィーンに行く前にフランクフルトに行く用事が出来ましたので、エスペランサで行くか電車で行くか迷っていたのですが、駐車のこととか考えて電車で行く事に。

Back home, I cleaned Esperanza and preparing for her to hiberate for this winter. Now my plan has been changed. I need to go to Frankfurt next week and I was deciding whether I go with Esperanza or catching a public transport. Then I made up my mind to take a public transport.

なので、エスペランサは今日から春まで冬眠に入ります。キレイに拭き拭き。

So Esperanza is hibernating here until next spring! I wiped her thoroughly.


バイクカバーを掛けて、冬眠準備完了!!

I put a cover on her and now she is hibernating!!


念入りに拭いたので、時間はもう5時。マルクスと6時にBMW博物館で待ち合わせなので、直ぐに電車に乗って博物館まで。マルクスとの出会いはこちらこちらから。

As I spent quite long time cleaning her, it was already 5pm. I had an appointment with Markus at BMW Museum at 6pm, I caught trains there. How we met last spring, please find out from here and here

博物館に到着すると、丁度マルクスが出てきたところでした。

When I arrived at the museum, he just came out.


いやぁ、懐かしいですねぇ。

It's been a long time!

今日は同僚2人のお別れ会だというのですが、ワシも参加させていただきました。

Today, there was a farewell party for his colleagues and I could join them!

バイエルン風ロースト・ポークとクヌードルが美味い!!

I had Bavarian style roast pork (with black beer sauce!) with Knödel. It was fantastic!


同僚の方たちもいきなり飛び入り参加のワシに気さくに話してくれて、楽しい夜を過ごすことが出来ました。ありがとうマルクスと同僚の方たち!!

His colleagues were very friendly and I could spend a good evening! Thanks all!

明日買い物に行って、明後日フランクフルトに出発、と思ってたのですが、明日は日曜日でお店が休み。なので美術館でも行って見ますかね。

I was thinking to go to a shopping (I need to buy a backpack as I will be a buckpacker during this winter), and I would go to Frankfurt on Monday. But it's sunday tomorrow and all shops are closed... So I will visit some museums or art gallaries.

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今回の修理はビックリお高い万円!! 痛い出費です。でも、これが旅ですからね。このような時の為にお金を貯めたんです。あっさりと支払いましょう!!
皆様のサポートで元気を取り戻せます! 「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!


I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]